MD-WORKS

ガジェット中心に家電やコスパの高い商品をレビューします!

【 Seenda Wireless Keyboard レビュー 】IWG-601 10キー装備のBluetoothワイヤレスキーボード!コスパ最強キーボード♪

現在私のPC環境ですが、Surfaceproと外部モニタを接続しています。

今まではSurfaceのキーボードを利用していましたが、ブログなどの長文の際に10キーの必要性を感じワイヤレスキーボードの検討をしていました。

HUBも利用していますが、USBポートの数も限られていましたのでBluetoothワイヤレスのキーボードを探していました。

 

口コミも良さそうで価格も手ごろでしたので、こちらを購入いたしました。

 

 「SeendaIWG-601」アルミ合金ということで高級感にも期待です。

 

■目次

 

本体&付属品

キーボード本体はmicroUSBでの充電タイプです。

どのくらいもつかは不明ですが、キーボードなので長持ちはしそうです。

f:id:MDWORKS:20201110221224j:plain

本体&付属品

さすがアルミ合金!高級感もありますし、程よい重量感で安定してタイピングできそうです。

ちなみに電源と充電口は右上にあります。

f:id:MDWORKS:20201110221525j:plain

電源&充電口

外観

正直、価格的にもう少しチープでプラスチック感があるものと思っていましたが、アルミ合金製はめちゃめちゃ高級感もありとても気に入りました。

箱の写真の文字列は英字用ですが、本体はちゃんと日本語文字列となっています。

f:id:MDWORKS:20201110221840j:plain

キーボード

手前に向かってなだらかに低くなっています。

薄型ながら考えてくれています。

f:id:MDWORKS:20201110222024j:plain

右側面

f:id:MDWORKS:20201110222057j:plain

左側面

通常文字のキーの大きさは良いですが、欲をいえば「SHIFT」はもう少し大きい方が有難かったです。

f:id:MDWORKS:20201110222314j:plain

SHIFTキー周り

設定

Bluetoothの設定は4台まで割り振れるとのことで申し分ないです。

接続設定も通常通り簡単にできます。

 

が、しかし、、

わくわくしながら入力をしたところ、英字配列の状態で左上の「半角/全角」で仮名入力に変換しません。

 

日本語配列にする方法が説明書にも載っていません。

ネットで調べたところ、PC側の設定を行う必要があります。

 

まずはWindowsの設定画面を開きます。

・「時刻と言語」 を選択

・「地域と言語」もしくは「言語」を選択

・「優先する言語」を日本語にする

・「日本語」をタップすると「オプション」ボタンがあるのでクリック

・「ハードウェアキーボードレイアウト」の「レイアウトを変更する」

・「日本語キーボード(106/109)キー」を選択

 

これで日本語入力できるようになります。

 

まとめ

ずっと購入したいと悩んでいましたが、早く購入しておけばよかったです。

こちらのキーボードは個人的には超オススメです。

慣れるまでは小さなキーはミスりそうですが、打鍵感も良いので満足です。

Bluetoothなので遅延や接続時間など不安でしたが、遅延もなく接続もすぐで一度接続したら安定しています。

ぜひ検討している方は参考にしてください。

 

ご覧いただき有難うございました。