MD-WORKS

ガジェット中心に家電やコスパの高い商品をレビューします!

【 TaoTronics SoundSurge85 TT-BH085 レビュー 】機能・音質・コスパ全てが最高のヘッドホン!音楽をまた聴きたくなる幸せ♪

先日、SONY/WH-CH510のレビューをさせて頂きましたが、
ヘッドフォンのポテンシャルの高さにヘッドフォンへの関心度がMAXになりました。

SONY/WH-1000XM4やSennheiser/MOMENTUMWirelessM3など物欲魂は揺さぶられましたが、
正直手が出せませんので、まずはコスパ重視で探しました。

イヤホンでもSOUNDPEATSやAnkerなど良いメーカーは多数ございましたので、
必ずあると思い調べて辿り着いたのが、、、、

 

 

 

TaoTronics TT-BH085というヘッドホンです。
タイムセールもあり5,000円弱というハイコスパなモデルです。

TaoTronicsはイヤホンやサウンドバーなど音響商品を多く出しているメーカーで評価も高いことから
迷わず購入しました。

 

WH-CH510と比較してどうだったのか!?

レビューしていきます。

 

f:id:MDWORKS:20210327162957j:plain

SoundSurge85

■目次

 

スペック

型式:密閉型

ドライバーユニット:40mm

ワイヤレス規格:Bluetooth5.0

連続音声再生時間:最大31時間

フル充電時間:45分

重量:約220g

充電:USB-TypeC

対応コーデック:SBC・AAC

ANC:アクティブノイズキャンセリング対応

 

本体・付属品

・本体

・USB-typeCケーブル
※ACアダプタはございません。

・キャリングポーチ

・3.5mオーディオケーブル

・説明書関連

 

f:id:MDWORKS:20210327163720j:plain

本体・付属品

有線接続用にケーブルがついています。

まだ有線での音質は確認できていませんので、そちらはまた改めてご報告いたします。

キャリングポーチは嬉しいですね。

結構可動域が大きいので、小さくまとまりますのでカバンの隙間にも入ります。

 

外観

f:id:MDWORKS:20210327163952j:plain

外観1

f:id:MDWORKS:20210327164043j:plain

外観2

SONY/WH-CH510より重量があるのですが、頭の部分のクッションもソフトで重さをそれほど感じません。

 

f:id:MDWORKS:20210327164215j:plain

外観3

サイズ調整する伸縮部分は金属デザインでかっこよいです。

明らかに高級感がWH-CH510と比較してありますので、所有欲満たされます。

 

f:id:MDWORKS:20210327164358j:plain

外観4

耳元は非常に柔らかく耳が痛くありません。

WH-CH510が半端なく強かったので、逆に緩いと感じるくらいです(笑)

サイズも大きいので優しく包み込んでくれる感じです。

夏場は蒸れそうな気はします。

 

操作性

f:id:MDWORKS:20210327164958j:plain

物理ボタン部分

 

ボタンはWH-CH510と同じく物理ボタンです。

右側に充電口と音量調整(+/早送り・-/曲戻し)と電源ON/OFFと再生/停止のボタンがあります。

左側にはノイズキャンセリングのON/OFFボタンと有線接続用のジャックがあります。

 

WH-CH510が曲送り・曲戻しの際に一瞬、音が途切れるのですがこちらは自然です。

細かいですが、ストレスがありません。

同じく専用アプリ等はないようですので、ソフト更新やイコライザ調整は出来ません。

 

新幹線、比較的混みあったJR内でも一切通信は途切れず安定しています。

 

音質

ソニーの音質には驚きましたが、正直それ以上でした。

40mというドライバーユニットの大きさもあると思いますが、音場が広く曲によっては様々な楽器の音に奥行きを感じます。

ぜひ「Justin Bieber/Mistletoe」や「ナタリー・インブルーリア/Torn」など聴いてみてください。感動します。

邦楽でも「柴咲コウ/月のしずく」「伊藤由奈/Precious」などの広がりもすごいです。

 

音楽を聴くことが贅沢に感じるほど、ワクワクがとまりません。

高級ヘッドホンならこの感動がどこまで増えるのか楽しみです。

WH-CH510が中高音にフォーカスをあてた音だとすると、全体的にバランスよく響いている印象です。

 

ただアクティブノイズキャンセリング機能は正直音のクリア差がなくなり籠った印象をうけます。

実際、新幹線などゴーとしたエンジン音は軽減されますが、静寂を求めるレベルでないです。ですので、私には不要な機能です。

 

 

装着感

f:id:MDWORKS:20210327171155j:plain

装着感

重量を感じさせないトップのクッションと耳当ての部分の柔らかさで長時間使用してもまったく問題ないです。

結構耳にフィットしますので、暑い中だと厳しい場合もあると思います。

室内や空調のきいた場所が好ましいと思います。

 

まとめ

リーズナブルなモデルメインながら、イヤホン中心に色々使用させて頂いた中で

現時点では自身最高峰のモデルです。

TaoTronics凄いという印象です。

思わずサウンドバーも購入しましたが、イヤホンも購入したいと考えています。

このヘッドホンに出会えて幸せだと思います。

 

良い点が勝るのですが、欲を言えばの要望を下記にまとめます。

■良い点

・音が良い(疲れない・広がりのある音)

・神コスパ

・操作性と通信の安定性

・電池持ちが良い

・ケースも付いている

・見た目も高級感がある

・通話品質もよく会話もスムーズにできる

 

■残念な点

・外音取込みがない

・専用ソフトがない

・アクティブノイズキャンセリングがいまいち

 

正直、不具合があればまた購入すると思います。

音楽を聴く楽しさを思い出させてくれた最高なヘッドホンです。

Sennheiserなど最高レベルのヘッドホンも是非試したいです。

 

個人的には超オススメですので、ヘッドホンを検討されている方は是非お試しください。

 

ご覧いただき有難うございます。

ヘッドホンを購入した際は、比較したいと思います。

よろしくお願い致します。