MD-WORKS

ガジェット中心に家電やコスパの高い商品をレビューや最新ニュースをお届けします!

MENU

【 SOUNDPEATS True Air2 レビュー 】空気のような軽さはそのままに性能UP♬デザイン・音質は良好だけど気になることも、、

先日Taotronics「SOUND LIBERTY92」のレビューをさせて頂きましたが、

娘が気に入ってくれて利用することとなりました。

 

www.mdworksblog.com

同価格帯で他のモデルも調べていたところ、以前購入したモデルの後継機である

SOUND PEATS True Air2 がタイムセールでお手頃な価格となっており、

思わず購入致しました。

TrueAirも非常に本体も軽量でクリアな音質だったため、ワクワクしながらのレビューとなります。

f:id:MDWORKS:20210627154346j:plain

true air2

 

 

 

 

www.mdworksblog.com

 前回の惜しい点は改善されているのか!?

早速レビュー致します。

 

 

本体&付属品

f:id:MDWORKS:20210627154729j:plain

外箱

かっこ良いです。

中身を見てみましょう!

f:id:MDWORKS:20210627154923j:plain

本体&付属品

説明書関連とUSBのケーブルと本体とシンプルです。

他社もそうですが、もう少しUSBケーブル長い方が良いですよね。

正直、使うことはないですね。

 

f:id:MDWORKS:20210627155217j:plain

本体OPEN

おや!?ボタンがないです。

このモデルはペアリング時に通常使用するボタンが無いようです。

地味にマイナスです。

 

f:id:MDWORKS:20210627155431j:plain

充電口

充電口の横にはインジケータがあります。

こちらはわかりやすいのでGOODです。

 

スペック

SOUNDPEATS TrueAir2

  TrueAir2
種別 完全ワイヤレスイヤホン
型式 インナーイヤー型
Bluetooth 5.2
稼働時間/イヤホン 5時間
稼働時間/ケース 25時間
充電口 USB-typeC
防水性能 IPX4
重量イヤホン/ケース 3.5g/35g
NC/外音取り込み
ドライバー 12.4mm

 

Bluetoothのバージョンと本体重量以外はTaotronicsに数値的に下回ってますね。。。

 

外観

OPENすると横置き収納となっています。

f:id:MDWORKS:20210627170217j:plain

OPEN時

充電器の電池残量がひと目でわかるのは嬉しいですね。

f:id:MDWORKS:20210627170344j:plain

イヤホン部分外側

棒の先に残量がわかるインジケータがあります。

f:id:MDWORKS:20210627170533j:plain

イヤホン部分内側

f:id:MDWORKS:20210627170634j:plain

ドライバー部分

結構イヤホンヘッド部分が大きいです。

 

f:id:MDWORKS:20210627171501j:plain

タッチセンサー

タッチセンサー部分がエンブレムとなっています。

前回のモデルにくらべ素材感も高級感があり確実にカッコよくなっています♫

 

基本操作&装着感

タッチセンサー操作方法

結構色々出来るのですが、そのせいで操作が複雑でミスがおきやすいです。

自身で設定できればよかったのですが、特にアプリも不要なので贅沢は言えませんね。

右1タップ:音量大

左1タップ:音量小

右・左2タップ:再生/停止(通常)・通話/終話(通話時)

右・左3タップ:音声アシスタント

右1.5秒長押し:曲送り

左1.5秒長押し:曲戻し

右・左6秒長押し:手動ペアリング

 

できれば、1タップで再生/停止、2タップで曲送り・曲戻しが良かったです。

長押しは感覚が難しくミスも多発します。

 

ペアリング方法

今回充電器に物理ボタンがないためイヤホンを取り出すと自動的にペアリングモードに入ります。

ただこれが厄介で複数ペアリングをする際に非常に面倒です。

また片方のみ繋がるという状態もあったため、充電器の物理ボタンは個人的には無くさないで欲しかったです。

 

装着感

装着感です。

f:id:MDWORKS:20210627172921j:plain

装着感

 

音質

正直、音質は文句ないです。

Amazonのタイムセールということで4,000円弱で購入しましたが、

コスパは半端ないと思います。

TrueAirはクリアな音質で特に高音が刺さる感じで、シャリシャリ感がありましたが、

中・低音もまとまっており音場・奥行き感も同価格帯のものと比較しても広いと思います。前モデルと比較するとフラットになった印象です。

さらにTaotronicsのSOUNDLIBERTY92と比較しても、個人的には音のクリアさやバランスは勝っていると感じました。ボーカルも鮮明に聴こえます。

 

ただ個体差や私のスマホとの相性のせいかホワイトノイズや通信の不安定さが半端ないです。プツプツと人混みのない場所でも起きます。

自宅でもよく起きるのでエイジング等で解決すれば良いのですが。

 

以前のTrueAirとTrueBudsも同じ症状があったのでメーカーの問題でしょうか。

TaotoronicsやHUAWEI、SONYでは全くその症状は発生しません。

 

音質は非常に良いだけに残念で仕方ありません。

 

まとめ

良い点

・バランスのよいクリアな音質

・コンパクトなケースにイヤホンもチープではない

・低価格

・何でもできるタッチセンサー

・片側での視聴もOK

 

惜しい点

・充電器に物理ボタンがなくペアリングに苦戦

・通信が不安定でプツプツと定期的に音が途切れる

・イヤホンのヘッドが大きく耳にこすれて痛い※あくまで個人的なもの

 

惜しい点もありますが、インナーイヤー型としてはオススメ出来るモデルです。

FreeBuds3がインナーイヤー型では低音も強く自身最強モデルでしたが、スマホへの接続ができないことも多発しており、こちらをメインにしても良いかと思っています。

 

プツプツが無くなれば、最高モデルですので様子を見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ご覧いただき有難うございました。

 

FreeBuds4が早く発売にならないかなぁ。。。