MD-WORKS

ガジェット中心に家電やコスパの高い商品をレビューします!

【Chromebook HP 14a レビュー 】ChromebookとはどんなPCか試してみた!開封レビュー♪

最近妻にメインPCのSurfaceを独占されており、

タブレットやBlackBerryなどでブログを書いたりもしましたが、

自宅ではサクサクとキーボードでの入力が必要となり安価なPCを探していたところ、

最近話題の「Chromebook」にたどり着きました。

 

Chromebook=お手頃価格のPCというイメージだけで何も知りませんでしたが、

皆さんのレビューなど見ていると用途を絞ればとてもよいPCという内容が多かったので、色々調べて遂に購入してしまいました。

 

 

Chromebookとは

Windowsでもなく、Macでもないみんな大好きGoogle社のOSを搭載したPCとなります。

利用するにはGoogleID登録(Gmailアドレス)が必要となります。

加えて原則通信環境は必要となるため、自宅にWi-Fi等引いている方に有効です。

基本的にはネットに繋げて色々行うことが目的となります。

Androidアプリも一部利用出来るので、

PCの良さとタブレットの良さを持ち合わせたモデルと言えます。

 

Chromebookのラインアップ

acer社・ASUS社・hp社・Lenovo社の4社から発売されています。

価格帯も2万円弱のモデルから10万円以上のモデルもありますが、

やはり気になるのは個人的には4万円以下のモデルですね。

 

 

 

ASUSTek Chromebook Detachable CM3 ノートパソコン

ASUSTek Chromebook Detachable CM3 ノートパソコン

  • 発売日: 2021/03/17
  • メディア: Personal Computers
 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が選んだChromebookとは

ASUSとLenovoからキーボードと本体のセパレートタイプのモデルが比較的低価格で発売となっておりましたが、メインPCがSurfaceということでPC台が利用出来なかったり、

膝上だと不安定になったり、設置スペースがある程度必要という弱点もあったため、

今回は折り畳みできるタイプで探しました。

液晶の高精細やポート数などからHP社のChromebook 14a Amazon限定モデル34,800円(税込)を選びました!

 

 

 

 

f:id:MDWORKS:20210413154129j:plain

chromebook hp 14a

 

本体&付属品

本体はブルーとグリーンを混ぜたような限定カラー。

想像した以上に高級感もありかっこ良いです。

f:id:MDWORKS:20210413172730j:plain

HP14a限定カラー

付属品はACアダプターと2種類の電源ケーブル 付属です。

PCとの接続はUSB-TypeCとなっています。

スマホ充電器を試しましたが、電源ONの状態で試したところ低電力と表示があり、

作業しながらの充電はできませんでした。

f:id:MDWORKS:20210414101312j:plain

本体&付属品

 

スペック

メーカー:HP

商品名:chromebook 14a

寸法:220×326×195

ディスプレイ:14インチ

解像度:フルHD/1920×1080

液晶:IPS/タッチディスプレイ

CPU:Celeron4020

RAM:4GB

ROM:64GB

駆動時間:11時間

重量:1.33kg

スピーカー:B&Oデュアルスピーカー

インターフェース:USB Type-A×1・Type-C×2・ヘッドフォン出力・microSDスロット

 

メモリやストレージから見ると低価格スマホ並みのスペックですが、

実際触ってみると基本的な動作は十分な処理速度です。

後ほど詳細を説明させていただきます。

 

外観

f:id:MDWORKS:20210413173643j:plain

画面&キーボード

画面は綺麗です。

f:id:MDWORKS:20210413173827j:plain

ディスプレイ

ポートも両側面に充実しています。

USB-TypeC×2ポート・USB-A×1ポート・イヤホンジャック・MicroSD

f:id:MDWORKS:20210413174436j:plain

右側面

f:id:MDWORKS:20210413174539j:plain

左側面

 



基本操作方法 

見た目は完全にWindowsPCですが、操作方法は慣れが必要です。

いくつかChromebookならではの特徴を下記挙げます。

 

デスクトップ画面

壁紙は設定できますが、Windowsのようにソフトやデータ、ショートカットなどをデスクトップに置けません。

シェルフという下部(設定で左、右など位置変更は可能)にアプリを固定することは可能です。シェルフを上にスライドするとアプリ一覧が出てきます。

f:id:MDWORKS:20210414103832j:plain

シェルフ

f:id:MDWORKS:20210414112053j:plain

アプリ一覧

 キーボード配列

パッと見、同じように感じましたが「delete」「Fn」「Shift」キーなどありません。

「🔍」との組み合わせで対応することも多いようです。

またタッチパッドで最初わからなかったのが、「右クリック」です。

マウスを利用した際は問題なく右クリックできますが、

タッチパッドの場合は「タッチパッド下の部分右クリック」ではなく、「タッチパッド2本指タップ」となります。

戸惑いますが、慣れると意外に楽チンになります。

 

f:id:MDWORKS:20210414110241j:plain

キーボード配列

まとめ

 購入後まだ使用した期間は短いですが、

ずばり買って良かったです!

ネットは想像以上にサクサクでブログなどの文章作成などキーボード入力もスムーズです。

ストレージ容量は決して大容量とはいえませんが、フォルダ管理やデータ保存も可能です。外付けのメモリーカードも使用できます。

何よりこの性能と外観で3万円代で購入出来るなんてすごい時代です。

 

皆さんもぜひ検討してみてください。

 

 

 

ご覧いただき有り難うございます。

今後長期レビュー等もお伝えできればと思っていますので、

よろしくお願い致します。