MD-WORKS

ガジェット中心に家電やコスパの高い商品をレビューや最新ニュースをお届けします!

MENU

【 HUAWEI WATCH GT 3 Pro 発売! 】デザインの良さと高級感半端ない!46mm&43mm同時発売♬

HUAWEI JAPAN公式サイトにて「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」が発売となりました。

46㎜&43㎜が同時発売となり、価格は46㎜アクティブモデルが43,780円(税込)、クラシックモデルが47,080円(税込)、43㎜クラシックモデルが54,780円(税込)、エレガントモデルが76,780円(税込)となります。

46㎜クラシックモデル&43㎜エレガントモデル

46㎜本体部分はサファイアガラス+チタン、43㎜本体部分はサファイアガラス+ナノセラミックの組み合わせで高級感・耐久性ともに最上位のモデルとなっています。

 

 

 

 

 

本体デザイン&カラー

46㎜モデルに関しては、ストラップがアクティブモデルがブラックフルオロエラストマーベルト、クラシックモデルがグレーレザーベルトとなっています。

43㎜モデルに関しては、エレガントモデルが本体ベゼル周りがゴールド+ストラップがホワイトセラミックベルト、クラシックモデルが本体ベゼル周りがシルバー+ストラップがホワイトレザーベルトとなっています。

 

アクティブモデル・クラシックモデル

エレガントモデル・クラシックモデル

スペック

HUAWEI WATCH GT 3 Pro 46mm 43mm
材質 本体:サファイアガラス+チタン
ストラップ:ブラックフルオロエラストマーベルト(アクティブモデル)・グレーレザーベルト(クラシックモデル)
本体:サファイアガラス+セラミック
ストラップ:ホワイトセラミックベルト(エレガントモデル)・ホワイトレザーベルト(クラシックモデル)
防水性能 IP68・5ATM・潜水(深度30m) IP68・5ATM・潜水(深度30m)
バッテリー 約14日間 約7日間
液晶 AMOLED466✕466ピクセル 1.43インチ AMOLED466✕466ピクセル 1.32インチ 
質量(ベルト含まず) 約54g 約50g
サイズ(縦*横*厚さ) 46.6*46.6*10.9mm 42.9*42.9*10.5mm
マイク
スピーカー
GPS
常時表示 〇 
トレーニング 100種類以上 100種類以上
天気予報
睡眠ログ
心拍ログ
血中酸素常時計測
ストレス常時計測
月経周期モニタリング
通知機能
返信機能 △着信時・SMS △着信時・SMS
電子決済 ×  × 
音楽操作
音楽保存 〇(Androidのみ) 〇(Androidのみ)
ワイヤレス充電
センサー 加速度センサー・ジャイロセンサー・磁気センサー・光学式心拍センサー・気圧センサー・温度センサー 加速度センサー・ジャイロセンサー・磁気センサー・光学式心拍センサー・気圧センサー・温度センサー

 

主な特長(46㎜&43㎜共通)

今回のHUAWEI WATCH GT 3 ProはHUAWEI WATCHでも上位モデルのため、基本的な機能は対応しております。

常時表示・ワークアウト機能・モニタリング機能・時計本体での通話機能・音楽保存と再生機能など。

 

深度30mのフリーダイビングに対応

潜水速度、深度、潜水時間などのデータをリアルタイムで表示。

潜水時間超過や深すぎる場合アラートを表示。

その他、無呼吸トレーニングモードなどがあります。

 

ゴルフ機能

スイングスピード・スイングのテンポ・バックスイング時間・ダウンスイング時間などのスイングデータを記録し分析のうえアドバイスなどもしてくれます。

アプリダウンロード

HUAWEI Healthアプリ内にあるHUAWEI AppGalleryよりサードパーティ製アプリをダウンロードすることが可能となります。

 

まとめ

もはや高級時計としてのデザイン・素材となっておりスマートウォッチの機能よりも時計として所有欲をそそるモデルとなっております。

機能面に関しては、どうしても仕方無いと思うのですがSuica決済やLINE返信には未対応です。

このあたりが機能面ではAppleWatchにはかなわない部分ですが、時計としてのバッテリー性能やハイレベルな計測&分析機能搭載という点で十分購入する価値はあると思います。

ただ、日本市場においてこの価格帯は購買層を絞ると思うので個人的には機能を減らしてでも2万円台で販売してもらえるとバカ売れすると思います。

高級志向は部品高騰の時代背景からも仕方ないと思いますが、何とかHUAWEIの底力を見せて欲しいです。